管理人:chai 7歳の娘(アトピッ子)と3歳の息子の母です。2人目は西原式を参考に子育て中です。


by love_sparrow
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

良い感じ

2日前に便秘だ!と書いたけれど
ここ3日間毎日出ています。
しかも、黄色い良いう○ちです♪

緑便が出ていないので、とりあえずお米は大丈夫という事なのかな。
それに、ご飯にするとたくさん水分を取ってくれるのでありがたいです。
(今のところ少量のご飯をすりつぶし、大量のお湯で溶いてます。
だから、お米を食べるというよりお湯を飲んでる感じに近いかも)
離乳食は、もうしばらく今のまま続けてみます。

この頃、ゴミをゴミ箱に入れてくれるようになりました。
ついこの間まで小さなゴミをつまんでは口に入れていたのですがその回数も減ってきました。
「おはよう こんにちは おやすみ ごめんなさい」が
出来るようになりました。
全部、頭をペコンって下げるだけだけど(笑)
これがまた可愛い~~~。
あぁ、このまま時間が止まって欲しいよ。 
[PR]
by love_sparrow | 2008-07-16 05:59 | children

出ない!

このところ、ずっと便秘の息子。
大丈夫なんだろうか。
この間は8日間出なかった。
8日ぶりに出た後は6日出なかった・・・。
6日ぶりに出た日は朝と夕方2回したけど(笑)

水分補給、おなかマッサージ、綿棒で刺激・・・
などはやっているのだけど。
あと、何か出来る事はないのかな?

そもそも、この便秘の原因はなんなんだ。
[PR]
by love_sparrow | 2008-07-14 12:59 | children

離乳食

1歳4ヶ月を期に離乳食を開始してみました。
せめて1歳半までは何も食べさせずに、と思っていたけど
食事のたびにものすごく食べたがるし、
からっぽの食器じゃ誤魔化しきれなくなってきて
家庭保育園のカウンセラーの人に相談してみました。
すると、そろそろ始めても良いのでは?と言われたので
ゆっくりはじめてみようかなぁと。

もう一つ始めようと思った理由は、最近息子の便秘がひどいのです。
母乳は水分不足になりやすいらしく、
最近暑くなってきたしお湯はしょっちゅう飲ましていたのだけど
出たり出なかったり・・・。
布オムツなんで、おしっこの回数はチェックできてるし、そんなに問題なさそうなんだけどな~。
で、重湯から始めてみてう〇ちの状態も変わるかしら?との期待を込めています。

今のところ便秘が解消される気配もなく、緑便も出ていないので
しばらく続けてみようと思います。
[PR]
by love_sparrow | 2008-07-04 21:10 | children

フエテクコトバ

息子クン、ちょっとづつ言葉が増えていってます。
でも、娘に比べてやや遅い感じです。やっぱり男の子だから??

今言うのは

「んしょっ」(よいしょ)
「まんまんまー」(おっぱい欲しい時)
「あちー」(熱いものを触ったり飲んだりした時)
「こっかー!」(外に行こう!)
「あいしー!」(おいしい)
「たいたい」(痛い)

この6つです。
「あいしー!」は両手をほっぺに付けて言うのでめちゃくちゃ可愛いです☆
こういう時期ってもう二度と帰っては来ないものね・・・。
存分に楽しませていただきます♪
[PR]
by love_sparrow | 2008-07-04 20:43 | children

予防接種

またまた更新サボってます・・・

その間に、予防接種についての本を読みました。
息子が生まれてから、なんとなく考えてはいたけれど
悩みながらBCGだけ6ヶ月になるちょっと前に受けました。

今回読んだ本は

「予防接種の考え方」 由上修三 大月書店
「まちがいだらけの予防接種」 予防接種情報センター 藤井俊介 さいろ社
「予防接種どうしてる?」 福井母乳育児相談室 芽ばえ社
「みんなで受けよう予防接種」 平山宗宏 岡部信彦 少年新聞社

最後の1冊は市からもらえる 予防接種の手引き と同じような内容でした。

今回、本を読んで思った事・・・

予防接種は受けなくて良い!!

というより、受けない方が良い。
本当に予防接種が必要な人は、日本では接種を断られる
心臓に疾患がある人とかなんだなぁと思いました。
健康な人は病気にかかって免疫をつけるのが一番!

予防接種でつく免疫は大体10年くらい。
じゃぁ、10年ごとに接種するの?
その免疫も、所詮まやかしものなのでほんとうに免疫が出来ているかも怪しい。

軽視できないのが副作用の問題。
気になる人は上に書いた本を読んでいただきたいのだけれど、
かなり恐ろしかった・・・
本によれば医者の子どもの接種率は6割だそうです。

両親とも共働きで子どもの看病が出来ないとか
そういった何かしらの事情がある場合はともかく、
看病できる場合は病気にかかって免疫をつけるべきですね。
娘の時は義務だと思ってほとんど考えずにすべての予防接種を受けました。
何も副作用がなくてラッキーだった・・・
って、子どもの命をそんな風に博打のような物にかけるのはおかしい。

それに、癌細胞で培養するから予防接種が普及してから
癌患者が増えたのも事実です。
(それだけが原因ではないでしょうけど)

今接種するように言われている病気も、予防接種が始まる前から
発生率は下がっているのに、なぜ予防接種は続けられるのか??
国とメーカーが絡んでいるからなのでしょうね。
けして、国民の健康のためにしているわけではないという事なのでしょう。

だいたいポリオなんて国内発生率ゼロなのに。
もっと他に必要な国にまわしてあげたらどうなんでしょう。


接種は義務ではなく、任意なのですから、これから受ける予定の人は
皆がしているから・・・と連れて行くのではなく、よく考えましょう~。

とりあえず、息子にはこれ以上受けさせません。
[PR]
by love_sparrow | 2008-07-03 11:36 | その他