管理人:chai 7歳の娘(アトピッ子)と3歳の息子の母です。2人目は西原式を参考に子育て中です。


by love_sparrow
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

おしらせ

住宅のことを書き始めてからトラックバックがものすごく増えました。
中にはやばそうなものもあるのでトラックバックを禁止にします。
当分、コメントのみにしたいと思います。
[PR]
by love_sparrow | 2006-05-31 09:15 | その他

完成見学会&工務店訪問

この土、日で神戸を拠点とする工務店さんが建てた家の完成見学会と
今住んでいるところの近くの工務店さんを訪ねました。

まず完成見学から。
前回は構造見学会でしたが、今回は初めてその工務店さんが建てた家の
完成版を見せてもらえました。
施主さんの趣味なのでしょうが・・・今回の家はあまり好きにはなれなかった(笑)
外壁も内壁も漆喰で、内壁は部分的に木を使っているのですが
その木を真っ白にペイントしていました。
うーん・・・せっかくの木が・・・。もったいない。
さらに木製サッシを使っていたけれどそれも白くペイント。
さらに建て付けの悪さか、天然素材だから(気温や湿度によって多少太さが変わる)
なのか分からないけれどめちゃくちゃ重い!!
私の力では開けられませんでした。
2階の子ども部屋かな?と思われる部屋の収納は扉が開けにくく
これも建て付けが悪いようでした。
そして寝室の網戸が開かない!これは建てつけとかではなくサッシの問題でした。
普通サッシってレールが納まっているはずなんですが
そのレールのところだけ膨らんでいました。
この工務店さんはよく海外のサッシを使っているとのことでしたが
そのせいだと思います。
日本製ならこんなことはありえません。(とサッシメーカー勤務の夫が言っていました)

木製サッシは断熱性の面からとても興味があったのですが・・・。
どうするか考えてしまいます。
アルミサッシは結露の問題があるので使いたくないし、
そういう意味では木製は一番いいのですが。
また、漆喰の壁や無垢の木の家には木製サッシが合うかな、と漠然と思っています。
問題は建て付けと、値段。あと天然素材だから開けにくくなる時があるかもしれない。
んー、やっぱりプラサッシかしら。
性能や値段もアルミと木製のちょうど中間くらいみたいだし。
悩むところです。

さて、次の日の日曜日は工務店を2件回りました。
どちらも無添加住宅を建てている工務店さんです。
一軒目は、すごく好印象でした。
私たちの話に真剣に耳を傾け、強引な売り込みも無い。
土地も探してくれるようです。
ひどい化学物質過敏症でなければ何が何でも無添加!ではなく
壁などの面積の広い場所や、寝室などにこだわれば
コストダウンも出来て良いのでは?との提案でした。
そして、対応してくれた営業さんは設計も担当されていて、
(というか設計士さんが営業をしている)
間に人を挟まないと言うことは、それだけダイレクトに私たちの要望が
伝えられるということ。いい感じです。
あと、事務所と同じ敷地内に工場があり、そこで大工さんが働いていました。
昔ながらの工法で釘をを使わずに家を建てられるそうです。すごい。

2件目は元々無添加住宅を建てている家ではなく、
最近バウビオホーム(無添加素材を売っている会社)から材料を仕入れているところでした。
無添加素材を使うよりも、外断熱工法でダニの発生しない家を作っているところでした。
断熱材は、炭化コルクではなく発泡スチロールみたいでした。
これじゃ火災の時に有害物質が出るのでは・・・?
何よりも、ここの工務店さんの社長がイヤ!!(笑)
人を上から見下ろすような喋り方だし、
土地も探してくれないみたいだし、
「これからはもっと耐久性のある家を建てるべき。
中古物件の価値が上がるような仕事を・・・」
なんて言っといて「今から土地を買うのは損。
これから人口も減るんだし、土地の値段が上がることはありえない。
だから定期借地権で借りた方がいい」だって。
矛盾してるっつーの。
数十年で家を取り壊すのを前提で建てるようなところには
お願いしたくないなぁと思いました。
たとえ、そうなったとしても建てる時は100年でももつくらいの
気持ちで建てて欲しいです。

とはいえ、外断熱工法は気になるところ。
実際、どうなんでしょう?
社長が言うには、冬暖かく、夏涼しい。
どの部屋も温度が一定。だそうです。
換気扇を使って一年中強制換気を行っているようです。


海外の中古物件は新築よりも高い場合が多いらしい。
住んでいる人が家をきちんと手入れし、補修し、大切に住み継がれている。
家を使い捨てにしている日本の住宅事情は、やはりもったいないと思う。

探してみると無添加住宅を建てている工務店は結構あるので
もう少し、探してみようと思います。
[PR]
by love_sparrow | 2006-05-28 23:28 | 無添加住宅への道

三匹のブタさんが・・・

お風呂に入っている時、くまのスポンジに絵本を読み聞かせていました。
絵本を持ってくる(もちろんフリです)ところから始まり、
「くまちゃん、ちょっとまっててね」とタイルの壁から絵本を取り出すまねをし

詩        「3びきの、こぶたがいまった~(いました) ね?」
くまちゃん(私) 「それから それから?」
詩        「そうだ、ぼくたち つくろ~っと!」(おうちを、が抜けている)
くまちゃん   「うんうん」
詩        「それでー、おおかみがきてー、ぼっちゃーんって
          あちちちちーって ね?」
くまちゃん   「・・・(ね?って言われても・・・ねぇ?笑)」
詩        「おしまい!!」

えっΣ( ̄□ ̄!) もう終り?

かなり、内容を省略してました(;´▽`A``
擬音ばっかりだし。

でも、親バカですがめちゃくちゃ可愛かったです(o^∇^o)ノ
いつまでこんな可愛いことしてくれるのかしら・・・。
[PR]
by love_sparrow | 2006-05-18 10:37 | children

徐々に回復

今朝お風呂に入ったあと、写真を撮ってみました。
ここ数日気温が低く余り汗をかかないからか、かなりきれいになってきました。
a0062400_1020437.jpg

a0062400_10205457.jpg

a0062400_1021242.jpg

a0062400_1021830.jpg

馬油を塗ったあとなんで(夜は軟膏、朝は馬油にしています)
テカテカしてますが・・・
足なんてかなり綺麗になってきました。
数日前までは真っ赤で傷もたくさんあったんですが。

このままきれいになって欲しい!と願わずにはいられません。
でも、また良くなったり、悪化したりを繰り返すんでしょうね。
[PR]
by love_sparrow | 2006-05-18 10:24 | アトピー

パジャマ製作

さっきながーい文章書いて送信したらアップできなかった(TOT)
もう書く気になれないので、ちょこっとだけ。
子どものためにパジャマ作りました~。
a0062400_20553998.jpg

[PR]
by love_sparrow | 2006-05-17 20:55 | その他

皮膚科2回目

先週、2回目の皮膚科へ行ってきました。
予約を取っていたからか、かなりスムーズに診察してもらえました。
・・・と言っても30分は待ったけど。
前回のことを思えば短い!
待合室も、人少なかったなー。

今回は、引っかき傷が多かったので
消毒も出来る塗り薬をもらいました。
水溶性でこれからの季節は汗をかくので
汗を閉じ込めない軟膏がいいとのこと。

良くもなってないけど悪化もしていないので
診察自体も短かったです。
今回は超酸性水ももらって帰りました。
足とかで試して、大丈夫ならこちらに切り替えたい。
イソジンも慣れてきたけど、やはり水の方が手軽だし。

次回はまた3週間後。
だんだん暑くなってくるから、悪化しなければいいけど。
[PR]
by love_sparrow | 2006-05-15 20:56 | アトピー

レシピ

昨日のお菓子のレシピを書いておきます。

「三種のマフィン」 カップ6個分

材料A
・薄力粉    1と1/2カップ
・全粒強力粉 1/2カップ
・ベーキングパウダー 大さじ1
・塩 少々

材料B
・オイル         1/4カップ
・メープルシロップ  1/2カップ
・豆乳          1/2カップ
・りんごジュース  1/4カップ
・バニラエッセンス  小さじ1

①カップに薄くオイルを塗る
②ボウルにAを入れ泡だて器でよく混ぜ合わせる
 別のボウルにBを入れよく混ぜ合わせAに加える
③ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる
④カップに9分目まで流し入れ、カップに
 カットしたイチゴ、バナナ、ブルーベリーをそれぞれ入れる。
④180度に温めたオーブンで30分焼く

※今回はイチゴ、レーズンとピーナッツ、ゴマで作りました。
上に書いた材料で3回作ったのでレーズンとピーナッツ、ゴマは
③のゴムベラで混ぜる時に一緒に入れました。
イチゴとレーズンは適当ですがピーナッツは大さじ2、ゴマは大さじ3入れました。


「抹茶プリン」 

材料 カップ6個分
・豆乳     1カップ
・りんごジュース 1カップ
・アガー      大さじ2
・抹茶       大さじ2
・メープルシロップ 大さじ2~3
・塩         少々

①抹茶とアガーをボウルに入れ混ぜておく
②豆乳とりんごジュースを鍋に入れ、人肌程度に温めて
  ①をふり入れすばやく泡だて器でかき混ぜる
③メープルシロップと塩を加えてよくかき混ぜる
④カップに注いで冷蔵庫で冷やす

※アガーは常温で固まるのですばやくカップに注ぐのがポイント
 

「根菜チップス」 

①にんじん、じゃがいも、さつま芋、れんこんなどの根菜を
 薄く切り、野菜が沈む低い温度でじっくり揚げる
②揚がったら塩をまんべんなくふる

※出来るだけ薄く切ること。
 低い温度でじっくり時間をかけないと野菜の甘みが出ないので根気よく!
 
[PR]
by love_sparrow | 2006-05-12 14:27 | sweets

マクロビスイーツ☆

マクロビスイーツの教室に行ってまいりました!
初体験です。料理教室なんてものも行った事がなく、
ケーキ屋になりたいと言いつつもケーキの教室にも学校にも行った事が無い。
先日アニューと言う自然食品を扱っているお店に行ったら
この教室の案内が貼ってあって、すぐその場で申し込みました。
マクロビスイーツはぜひぜひ習ってみたかったのです。

以前、うちの最寄り駅のそばにあるマクロビオティックのカフェで開かれるとのこと。
頑張れば歩いていける距離。願ってもないです。
しかも、子連れOK ヾ(>▽<)o ウレシー

朝10時から早速始まり、
「三種のマフィン」と「抹茶のプリン」と「根菜チップス」を作りました。
今回の参加者は私を含め3人。
1人は3歳の女の子、今月1歳になる男の子2人を連れての参加でした。
ずっと男の子のこと抱っこして大変そうだったなぁ~。
もう1人の人は5歳の男の子のママで、幼稚園に行っているとのこと。
その人は子どもに病気を抱えて食事で治そうとしているみたいだった。

それぞれ分業で、私はマフィンの液体の材料を測るのと
イチゴを切るくらいしかしなかったかな。
マフィンのフィリングをカップに入れるのは詩絃が頑張ってやってました。
こぼさないか見てるほうはヒヤヒヤ(笑)
私のだけならまだいいけど、他の人のも一緒に作ってるからねぇ。
本人はとっても楽しそうでした。ちゃんと出来たしねっ。

a0062400_1358318.jpg


出来上がりー。お店で出してもおかしくない位、綺麗に出来ました。
(先生が盛り付けてくれたからだけど・・・)

ちょうど12時くらいに終わったので皆でそのお店のランチを食べて
おやつはプリンだけ食べてあとは持って帰りました。

次回は来月。1回2500円(ランチ代は別)なのでお財布と相談しながら
あと何回かは参加したいなぁと思います。
[PR]
by love_sparrow | 2006-05-11 13:48 | sweets

ライスバーガーに挑戦

夫の「お昼にハンバーガー食べたい」の一言で始まった今日のお昼御飯。
ハンバーガーね~・・・詩絃には良くないしなぁ。
じゃぁ、モ○のライスバーガーを家で作ってみよう!!ってことで
皆でお昼御飯を作った。
私は具を担当、夫と詩絃はご飯をうすく丸く成形する係。

なんだかんだと試行錯誤の結果、どうにか形になりました。
写真は照り焼きチキン、もう一つごぼうのきんぴらバージョンも作りました。
a0062400_1514315.jpg

でも、お店みたいに包むものがないので
結局お箸で食べる羽目に(;´Д`A ```
どうやったらライスがバラバラになることなく固まるんでしょうか・・・?

たったこれだけでも、結構面倒だったんでもうしないと思います(笑)
[PR]
by love_sparrow | 2006-05-06 15:09 | グルメ

色々な本の紹介

図書館で住宅関係の本を借りて読み漁ってます。
もう返却したものもあるので、今家にあるものだけでも書き留めておきたいと思います。

●「建てる前に、これだけは!」
2001.12.15 第一版発行
著者 瀬川 誠

スウェーデンハウスをべた褒めしてます。
いろいろな工法が載っているし、断熱性、気密性、
カビや結露のことなど勉強になることが多かったです。
ただ、断熱材にグラスウールを勧めてるのはどうかと思うけど・・・。


●「あなたにもできる 自然住宅」
2001.10.25 第一版発行
著者 船瀬 俊介

取材と実践と実感が三位一体となった珍しいタイプの本。
著者は実際に自然住宅を建ててます。
自然住宅にする際に失敗したこと(主にコストですが)も書かれています。
良い業者と悪い業者の見分け方なども書いてあります。


●「いい家は無垢の木と漆喰で建てる」
2002.8.29 第一版発行
著者 神埼 隆洋

一級建築士が書いた本。
題を見ただけでどんな本か分かりそうです。
実際読んでみてそのまんまでした(笑)
工法や材料のことだけでなく、間取りのことも書かれてます。
大手メーカーのことはボロクソに書いてあります。

●「シックハウスよ、さようなら」
2002.5.9 第一版発行
著者 中野 博

まだ読んでないので、読んだらまた感想書きます。
[PR]
by love_sparrow | 2006-05-05 15:18 | 無添加住宅への道